Need translation?

2017年9月21日木曜日

【アルバム】匿名希望相談室6

今夜は匿名希望相談室6開催。
メニューの1つ、ブッダ・ボウルの仕込みを午前中から始めます。


今日の食材です。
何かで知りましたが、アボカドとりんご(だったかな?)を早く熟らせたいときにはバナナを近くにおいておくと、バナナが呼気として出す何とかガスの成分に熟成作用があるとか何とか… 誰かご存知の方、おしえ… と思ったらあった! (スミマセン

 大きいおくらですね(右が普通サイズ)!
 左下に見えるのは、ひよこ豆で作ったGF(グルテンフリー)パスタです。
 こちらはテンペ。そのまま食べてもOK。こちらもGF食材。
変わりだねオレンジ色フムスは東新宿、みせるま MiseLMAのTakakoさんから教えてもらいました! Takakoさん、ありがとう〜!
蒸しているのは…

にんじん!
 ひよこ豆と
 ねりごま、
 オリーブオイルと
 写真には出ていませんがレモン果汁も加えて、ミキサーでGO!
 ウィーン!
 できました!
 残っている固形物はマッシャーでよくつぶしていきます。
 塩で味を整えて
 できあがり〜 でも後でちょっと隠し味を足します。
 しばし冷蔵庫内でお休みください。左隣は紫キャベツのマリネ。

 大きなおくらを切ると
 多角形ですね!
 今日のぎゅうぎゅう焼きはこれくらいの大きさのトレイにわりとギッシリ目に。
 今日はオリーブ油ではなく、こめ油にしてみました。
 それから塩。
 これだけでも食べたいんですが!(笑
 よくもんで
まんべんなく混ぜたら
 下準備はこれだけでOK! オーブンにGO! 
…って写真が斜めになっている理由は宇宙船ぽく撮りたかったわけではなく、余熱の熱波が扉を開けた途端放出されて、ひるんだせいです(気をつけましょう!)。

なんと言っても180度ですから!
 
20分くらいでこの通り。

 テンペもごま油で
 こんがりと。

先ほどの変わりだねフムス、最後にクミンを加えて、より変化球。

今日のブッダ・ボウル(というか途中でブッダ・プレートになりました・笑):上から時計回りににんじん、海藻、いり豆腐、オレンジ・フムス、テンペ、かぼちゃ、大きなおくら、パプリカ、ピーマン、なす、ズッキーニ、そして真ん中はひよこ豆パスタ、でした。
 もう1皿はアボカド・グルテンフリー・トースト、紫キャベツのマリネ。

さて、今日のテーマは「食べること全般」でしたが、今回は何かの答えを出すというよりは自分と異なる○○という考え方・食べ方・生き方があるんだ、という気づきを知るきっかけ、普段立ち止まって考えないことを考える時間にすべく、会を進めました。

タイムリーと言いますか、つい先日もこんなコマーシャルが…





小学校の給食メニューにも出ていた鯨。鶏・豚・牛、魚、他にも馬や羊、犬など、肉食の食材は鯨以外もありますね。では、日本の捕鯨が他の国の人々にとって論争のテーマになるのはなぜでしょう? 

また、肉食の他には何があるでしょう? peacetarian(魚は食べるけど肉は食べない)、 vegetarianveganplant-basedfruitarian(果物しか食べない)… 

私がfruitarianと聞いて思い出すのはこちら。
映画『ノッティングヒルの恋人/Notting Hills』(1999)で、ヒュー・グラントの何回目かのデート相手がfruitarian。「fruitarianって何?」と、その意味を問うシーンです。「そういう食の選択肢があるのか〜」と、映画のあらすじと同じくらい彼女の説明のセリフを鮮明に覚えています。

ま、『ノッティング…』はコメディ/ロマンス映画ですが、今回はドキュメンタリー映画『おクジラさま』に関連して、捕鯨についても考えてみました。

ソトコト2010年5月号でシーシェパードのロング・インタビューが組まれたのですが
その取材をされたSteve Jarvisさんも今夜参加してくださいました。

取材の様子や捕鯨の現状について教えてくださるSteveさん(右から2番目)。

祐源紘史(ゆうげんひろふみ)さんは、代表作としてKFCの骨を使ったアート作品を作っているアーティストさんです。
食べることと、生きること、そして死。これらはひとつに繋がっていますね。

肉食、ベジタリアン、ビーガンに関わらず、あるスタイルの食生活を実践している方は、宗教上・健康上・思想上、という理由が挙げられると思います。もしくは食のスタイルを人口の割合で考えた時に占める大多数の方は、特に自ら何か決めたことではなく、何となくそういう食生活、ということもあるかもしれません。

ここで改めて覚えておきたいことは、『おクジラさま』の佐々木監督もこの動画で1分36秒ごろにもおっしゃっている「真実はひとつではない」ということかもしれません。

作品の副題にもついている「ふたつの正義の物語」。立場を変えれば、見え方も違ってくることはよくあります。

作品を撮る際に「中立はできなかった」ので「公平さ(fairness)を心がけた」という監督。「フェアな視点を持つ為に心がける事は何でしょう?」という20Tの問いに、このように答えてくださいました。
ーーー
自分が絶対に正しいという確信を捨てて、反対意見に真摯に耳を傾けることだと思います。正義の反対は悪ではなく別の正義だからです。
ーーー

『おクジラさま』予告編を

真剣に見る参加者の皆さま。
そして前出の佐々木監督のインタビュー動画。
広島公開はまだですが、待ってまーす!

付録:
今日出た単語やトピックの一部を箇条書きで載せておきます。
・2020オリンピック選手村の食材は新しい基準が適応される。
GAP(Good Agricultural Practice)農業生産工程管理
・生協のトレーサビリティは試料のGMO有無まで表記してある。追跡しきれなかった場合はその旨が書いてある。
・海中に響くソナーなどで、聴覚に過度な刺激を受ける海洋生物は存在する
・スナメリクジラは瀬戸内海でも打ち上げられることがある
・広島市内でビーガン食を提供している飲食店:
OTIS!(オーティス)
Shanti Vegan Cafe
・佐々木監督が『おクジラさま』を撮るきっかけになった『ザ・コーヴ』(字幕版)はYouTubeで300円から視聴可。

【募集】9/26(火)トッピング、盛りの限界に挑戦!?『パンケーキ祭』

いつもちょこちょこFacebookやブログに上げている写真、見てくださっているんですね(ホロリと涙)… レンタルキッチン20T(にじゅっつぼ)主催、今月のFood Specialは「Facebookに載ってるGFパンケーキ、食べてみたい!」というリクエストに全力でお答えいたします! フルーツ、ナッツ、シロップ…  トッピングは合計数種類を準備します。当日をお楽しみに!
---
20T Food Special パンケーキ祭


【日時】
9月26日(火) 途中参加・途中退場OK! 19:00-22:00
【メニュー】
トッピング数種類もりもり グルテンフリー・パンケーキ
写真はイメージです。パンケーキの重なり、トッピングのフルーツ、ナッツ、シロップなどは当日の現物を優先とします。
【会費】
¥2,000(税込)
【人数】
先着5名様
【会場】
レンタルキッチン20T
広島市中区本川町1-1-25旭・進栄ビル3F
090-4106-0073 www.20t.info/contact.html
【当日の流れ】
19:00〜21:30 出入り自由
 食事、歓談
21:30〜22:00
 清掃
【申込方法】
1)先着5名様です。当日直接会場にお越しください。
2)飲物は各自ご持参ください。
---

2017年9月20日水曜日

佐々木芽生監督インタビュー記事

明日のおしゃべり会(匿名希望相談室6)で作品と著書をご紹介する『おクジラさま』の佐々木芽生監督。

New Yorkで長年生活を始められる前、そして現在についてのインタビューがThe Japan Timesに載っています。
Documentary filmmaker Megumi Sasaki learns to live in the moment in New York
印象的な最後のコメント。
ーーー
And I’m grateful to New York for letting me be my own person. I certainly breathe better when I’m here and definitely feel free.
ーーー
私は今回約5週間の滞在でしたが、同じように感じました。

おまけ:
ちなみにlive in the momentとlive for the momentの違いを語るフォーラムがこちらにありましたのでご参考までに。

2017年9月16日土曜日

匿名希望相談室6 お題

匿名希望相談室は、「今夜何食べようかな」といった日常の些細なお悩みから、「転職しようかしら…」という人生を左右する一大事まで、赤の他人が無責任に、しかし愛をもって回答する集いの場です。

バックイシューはこちらをどうぞ。
匿名希望相談室1「続かない…」
匿名希望相談室2「恋バナ!」
匿名希望相談室3「イラッとくる」
匿名希望相談室4「一人前にッ!」
匿名希望相談室5「デジタル・デトックス」

今回のお題は匿名さんからのご相談ではなく、今月9日に公開になりましたドキュメンタリー映画『おクジラさま』に関連して、
食べること:肉食と菜食(ベジタリアンおよびビーガン)、そして捕鯨」について考えてみようと思います。

現在、東京のユーロスペースさんなどで公開中のドキュメンタリー映画『おクジラさま』は、和歌山県太地町(たいじちょう)で捕鯨のお仕事に従事している方々、そして、捕鯨に反対するシーシェパード環境保護団体、その両者の声を公平に撮った作品です。捕鯨の是非は観客の判断にゆだねられます。

今週火曜日、MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店さんで同作品の佐々木芽生監督著「おクジラさま ふたつの正義の物語」(集英社)に関するトークショーがありました。
本はただ映画をノベライズしたものではなく、制作過程が細かく描写されています。
佐々木芽生監督(左)、聞き手・手嶋優紀さん。

監督がこの映画を撮ろうと思ったきっかけは、こちらもドキュメンタリー映画である『ザ・コーヴ(The Cove)』(2009年公開)を鑑賞して感じた
ーーー
言いようのない、強烈な思い
(「おクジラさま ふたつの正義の物語」(集英社)より)
ーーー
だったそうです。

ちなみに副題にある、正義=justiceの原義を調べてみますと
1.
the quality of being just; righteousness, equitableness, or moral rightness:
2.
rightfulness or lawfulness, as of a claim or title; justness of ground or reason:
3.
the moral principle determining just conduct.
www.dictionary.comより)
だそうです。

「ジャスト」って「ぴったり・ちょうど」という意味で日本語でも使いますよね。では、皆にとっての「ぴったり」って何でしょう? 果たして存在するのでしょうか?
また、1.のmoral rightnessに使う人の主観は入るのでしょうか? それは、社会的環境によって変わる可能性もあるのでしょうか?

…と、ちょっといつもより長めに書いてみましたが、今回の相談室では「あなた何を食べて生きているんですかッツ!?」とか「捕鯨についてどう思いますかッツ!?」と迫る感じではなく(笑)、もう少し大きな範囲について、そうですね、食生活全般といいますか… まぁ、いつも通りにカジュアルにおしゃべりしたいと思います。好きな肉の部位について語ってもらってもいいですよ、20T肉部の部員の皆さん!(笑

また、菜食と言っても「あまり周りで実践している友だちもいないし…」「どうして(実践している人は)始めたのかな?」「自炊のメニューってどんな感じ?」「広島で外食の時、どうするの?」などなど、いろいろな質問とか考えがあると思います。それから「ベジタリアンとビーガンの違いって何? あと、マクロビって?」という質問も一緒に考えるべく、20Tご近所さんのクロワッサン・マルシェの由佳さんにも事前にいろいろ教えてもらっておきます。

開催は9月21日(木)19:00〜22:00。途中の出入り自由です。お好きな時に15分でも2時間でも。
今回のメニューは、前回の相談室5で大人気だったブッダ・ボウルを再びと、
オープンGFサンドも作りたいと思います。
よく熟れたアボカドがありますように! 具材は当日の食材現物優先になります。あらかじめご了承ください。
会費は毎回同様、当日上記メニューから1品(1,000円以下)をご注文ください。ご自身の飲み物、軽食等はご持参いただいて大丈夫です。

では、当日お会いできるのを楽しみにしています!