Need translation?

2018年3月24日土曜日

【アルバム】コミュニケーションや介護を考える上映会『シンプル・シモン』

今日は、2011年のアカデミー賞外国語映画賞スウェーデン代表作品『シンプル・シモン』を観賞。

『シンプル・シモン』はアスペルガー症候群のシモンが主人公の映画です。観賞後のおしゃべり会は、今回は疾病を「老い」まで広げて考え、広島県健康福祉課地域包括ケア・高齢者支援課職員さん、現役の理学療法士さんよりお話を伺いました。

これから人口は、減少の一途をたどることが予測されています。

それに加え、昔のように向こう三軒両隣…と親しく顔を合わせ助け合える近所付き合いも難しいのが現状です。

そんな時、身近な家族に特別なケアが必要になったら? そして自分がそのケアを提供できないとしたら…? 

ーーー
団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される
ーー(出典:厚生労働省
ために平成18年(2006年)に設置されたのが「地域包括支援センター」です。

==(3/27日加筆)
平成30年2月26日現在、県内に119のセンターがあります。
(出典:広島県)
==

現在、全国の都道府県に設置されているこの制度、実は広島県尾道市の公立みつぎ総合病院を中心に尾道市北部で発足したのが始まりだそうです。

地域包括支援センター*ではケアマネージャー、保健師、看護師、社会福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士などの方々からなるチームに相談ごとを尋ねることができます。場合によってはセンターから医師会に代表して問い合わせし、協力をあおぐこともあるそうです。
* 各センターによって、構成メンバーの職種・人数は異なります。

今回ご参加された方の中で、生活支援ヘルパーとしてこの3年間活動されている方もお越しくださいました。「ふれあいたすけあいプロジェクトC」さんというグループ名で、「もちもちの木」さんと一緒に活動をされているそうです。

以下はプロジェクトCさんがこれまで具体的に提供してきた活動の一部です。
傾聴(けいちょう)
・近所のスーパーへ買い物の付き添い
・入院の食事時に付き添い、話し相手

1つの時間単位にすれば簡単なように見える行為も、毎日(もしくは毎食)となればどうでしょう。仕事をしながら、その時間を割くことができるでしょうか。自営業者でも難しい場合もあると思います。
費用はプロジェクトCさんの場合、1,000円/時間+交通費でご相談にいらした方のケース・バイ・ケースで何が適切かを互いに話し合って決め、活動されていらっしゃいます。

以下は、もうお一方のスピーカー、現役理学療法士さんのお話です。
ADHDやアスペルガー、精神疾患などの方々のリハビリを担当していらっしゃいます。

最近は医学の発達に伴い症状が細分化され、その「分類」にはめこまれがちだけれども、危険なのは本などで分類を見聞きしただけでその症状全体を「分かった」と思い込んで本人に接してしまうことだそうです。

症状は個々によって異なり、複数の「分類」をまたがっていることも多く、その一人をきちんと見て、この人には何が最善な方法なのだろうか、と考えることが必要だ、と。

「分類」にはめこまないということは、ラベルを貼らずにその人をそのままの『個』として捉えると言えるかもしれません。社会や家庭において、自分と関係を持つ全ての人に対しても重要なことではと思います。

NHKラジオ深夜便』というラジオ番組内に「認知症カフェ」というプログラムがあります(第1週火曜 午前1時台、毎月1回)。最新研究から実質的なケア・予防方法などについて、認知症に関するお仕事をしていらっしゃる方々がお話をしてくださるのですが、認知症の患者さんへの接し方の心構えだけでなく、私たちが社会でコミュニケーションを取るのに日々心に留めておきたい知恵や心遣いが満載です。
YouTube検索結果 https://tinyurl.com/ycw9vqpg
ラジオ本体が無くても、スマートフォンのアプリradikoなどで放送を聴くこともできます。

今回は介護とコミュニケーションに関して、学んだ上映会でした。

過去の上映会履歴:

2018年2月11日日曜日

【アルバム】カレーワンプレート付映画上映会『聖者たちの食卓』

今日はドキュメンタリー映画『聖者たちの食卓』観賞後、薬研掘のLokantasi MIKIさんの映画オマージュなインドカレーセットを楽しむ会を開催いたしました。
(DVDパッケージ)
舞台となっている黄金寺院はこのあたりとかこのあたりを見ていただくといろいろその規模のすごさがお分かりいただけるかと思います。

さて上映中、調理シーンになったところで…
保温器のフタを開け、チャパティのかぐわしい香りを室内に漂わせるLokantasi MIKIさんのニクい演出。
8KのTVも超えました(笑

上映後はお待ちかねのスペシャルプレート登場です!
反時計回りにチャパティ、じゃがいもと菜っぱと豆のサブジ、にんじんのアチャール、バスマティライス。
そして映画にちなんでダルカレー。
 「いただきまーす!」

今回参加者中でインド渡航経験おありの方が多かったです。皆さま特別メニューを楽しんでいただきながら、旅行中どうやって美味しいお店を探すか?とか、映画の感想の交換、Lokantasi MIKIさんのインド料理についてのお話などを楽しんでいただけたようです。


時々、このような上映会を企画したいと思います。また次回、ご参加お待ちしております。よろしくお願いいたします。

2018年1月20日土曜日

【アルバム】朝食付き映画上映会『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』

今朝はコンチネンタルブレックファストのお食事後、ドキュメンタリー映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』を鑑賞する会を開催しました。


お食事のセット写真を撮り忘れましたので、メニューを考えていたときのメモと(笑)

Google画像検索でお楽しみください。
(今回は卵料理はなしでした)

上映中にホントにNYから小包が届くという偶然もあったりしながら
(バンクシーさんからではありませんでしたが)
皆さん楽しんでいただけたようでした。

上映前後で「アートって何?」という点について考えていただいて、見え方が変わった方もいらっしゃったようです。

時々、このような上映会を企画したいと思います。また次回、ご参加お待ちしております。よろしくお願いいたします。